ダイカスト法鋳造チクソモールド法展伸材(圧延・押出)仕上げ加工・表面処理



さまざまな方法で成形した後は、トリミング、バリ取り、研磨などの仕上げ、機械加工、さらに用途に応じて防錆などの化成皮膜処理、塗装、印刷などを行い、製品の外観、機能両面のレベルアップを図ります。今後、マグネシウムがさらに普及するには、製造原価の低減が不可欠です。そのためには、バリ取りやパテ埋めのような人手作業を必要とするような加工処理を軽減する必要があり、鋳造欠陥発生防止技術、バリレス技術や加工レス技術の開発・改善が課題となっています。

塗装
外装品として用いられる製品の多くは、表面の意匠性を高め、保護や種々の機能を付与するために塗装が行われます。このとき、塗装剥離のないよう、化成処理により密着性を高めています。