ダイカスト法鋳造チクソモールド法展伸材(圧延・押出)仕上げ加工・表面処理



圧延
圧延は平行におかれた一対のロールを回転させ、このロールとロールの間に直方体のスラブ(鋳塊)を通して薄くする加工方法です。スラブは進行方向に長く伸びて薄くなり、所定の厚さになって出できます。このとき、スラブの鋳造組織を破壊し、均質で優れた性質に変えていきます。板材の他、棒・線材も一部は圧延加工法を用いることがあります。マグネシウム合金の場合、熱間圧延(スラブを加熱して加工する)で実施されます。

押出
350℃〜400℃に加熱したマグネシウムビレットを押出機を用いて、強い圧力を加えて各種の形状をもつダイス穴かう押出して、細長い加工製品(押出材)をつくります。他の加工法では難しい中空品や複雑な断面形状の製品でも、1回の押出工程で容易に作ることが可能です。現在は電極板、食刻板としての需要が主ですが、ロボット、生産装置の構造材や車輌関係、福祉関係の軽量化用途に期待がもてます。