ダイカスト法鋳造チクソモールド法展伸材(圧延・押出)仕上げ加工・表面処理



砂型鋳造法
鋳造法の中でもっとも古くから行われている方法で鋳物砂でつくった鋳型に溶湯を流し込み、冷却凝固後に砂型を壊して製品を取り出す方法です。寸法の大きな製品が容易に生産できます。

金型鋳造法
鉄鋼製鋳型に溶湯を流し込み成形する方法です。砂型鋳造に比べ、鋳造時の冷却速度が速く、鋳物の表面(鋳肌)が美しく、寸法精度のよい緻密な鋳物ができます。砂型に比べ、量産に適した方法です。

低圧鋳造法
金型鋳造の一種で、炉内の溶湯面に低い圧力を加えて溶湯を押し上げ注入し、注湯完了と同時に圧力を加えたまま凝固さ世る方法です。材料にむだかなく、均一で高品質鉄物ができるのが特徴です。