ダイカスト法鋳造チクソモールド法展伸材(圧延・押出)仕上げ加工・表面処理


マグネシウム合金の成形加工法には、圧延・押出素材のプレス成形や鍛造、鋳造、ダイカスト等がありますが、現在までの主流となっているのがダイカスト法やチクソモールド法です。現在、自動車大型部品などの一体複雑形状製品の成形に向けて、「量産性」「高精度」「品質安定」を目指して、成形加工技術の開発や改善が進められています。




地球環境問題が深刻化している今、新しい表面処理法が望まれています。とくに、クロム酸処理からノンクロム酸処理(ク□ムフリー処理)への移行が要求されており、現在種々検討されています。たとえば、ノンクロム化成処理として、ジルコニウム系、チタン系、リン酸系、すず酸系、およびマンガン系処理がありますが、これらの環境対応可能なノンクロム化成処理では、より一層の性能向上が望まれています。