戻る

マグネシウム用消火剤 LITH−X DRY POWDER  

 産業の発展と共に消費者の要求も多様化し、各企業におかれましても日々研究に尽力されていることと存じます。その内容も年々高度化しますれば、材料 材質等も多分に変化し、中にはマグネシウム金属のように自然発火しやすい物も含まれるようになりました。
これからの取り扱い、作業後の処理等にも、きめ細かい注意が必要になります。特にマグネシウム金属のような発火しやすい材料を扱う職場には、万一の発火に備え、消火器・消火剤の設置も不可欠のものとなります。
発火したマグネシウムの消火には、一般の消火器はもちろん、散水も適しません。最も注目されているマグネシウム消火剤にアメリカの ANSUL 
FIRE PROTECTION社のLITH−X DRY POWDERがあります。LITH−X DRY POWDERは初期消火から最終消化まで優れた効果を発揮します。
マグネシウム金属を含む屑鉄、
切削片等、工程中に出る量は微々たる量かも知れませんが。しかし、微々たるが故に注意が行き届かなくなります。この、ちょっとした不注意が大火災の原因ともなります。
火は燃え広がらないうちに消火しなければなりません。もし発火に気付いても近くに消火剤が無ければ消火行動に移れませがLITH−X DRY POWDERを備えて置けば安心です。消火方法は、パウダーを火面全体に撒くだけでよく、散布にはシャベル・杓子が使える為、消火器などの特別の装置は不要です。マグネシウムの加工、表面処理、鋳造、溶解、保管、運送などの各現場に、必要に応じて柔軟に設置することができます。LITH−X DRY POWDERは、まだ燃えてない所を先にガードしてブロックするようにして使えば効果的です。LITH−X DRY POWDERは作業現場の規模に応じて設置量を決めてください。
LITH−X DRY POWDERはスコップ等を使うと使い易くなりますので、設置量が決まりましたらスコップ等の本数もそれに応じて常備される事をお勧めします。また、LITH−X DRY POWDERの効果を試すにも、使い方に慣れるためにもとっさの消火活動にも熟練者になるためにも時々の訓練をお勧め致します。

用途 ANSUL社のLITH−X DRY POWDERは、マグネシウム・リチウム火災に開発されたもので、ナトリウム・カリウム火災の消火にも使われます。同様にジルコニウム・チタニウム・カリウムソーダ合金の消火にも使われます。
特徴 LITH−X DRY POWDERは、まんべんなく拡散するように特殊な添加剤を含んだグラファイトから出来ているので、消火剤として非常に使い易くなっております。LITH−X DRY POWDERは、ケーキ状になって消火するのではなく、燃焼している物体から空気を遮断して熱取り去り、消火します。
入目

LITH−X DRY POWDERは、グロス49ポンド(24.5kg)ネット45ポンド(20.4kg)入り、内装1ポリの鉄ドラムで供給致します。

お値段 1缶(20.5kg) ご照会ください。